ホストクラブで働く前に準備しておくべきこと。

ホストクラブで働く準備は?

無事に自分が希望するお店に入店がきまったら、入店準備をしましょう。
まずはホストに必要不可欠なアイテムとして、名刺があります。
大抵に場合にはお店側で用意してくれたりもしますが、中には自分で名刺を注文しなければならなかったり、またはお店が用意してくれた名刺よりも自分好みの名刺を自分で用意する売れっ子ホストも多いです。
名刺を個人で注文する際には、インターネットで「ホスト名刺」などで検索すると注文サイトを探すことができるはずです。

また、ホストというとスーツですが、スーツはお店側でレンタルさせてくれるところも多いです。
もし手持ちのスーツがない場合には、面接の時にレンタルしてもらえるかどうかあらかじめ確認しておきましょう。
ただ最近ではスーツではなくカジュアルな服装でも良いホストクラブも多いです。
女性相手の接客業ですので、そこそこおしゃれ感じは求められてしまうかと思いますが、スーツか私服か自分に合ったお店を探しましょう。

東京などの都会のホストクラブには、一攫千金を夢見て上京してくる新人さんも非常に多くいます。
そのため大手グループ店などは、寮を用意しているところも多いです。
と言っても狭い部屋に数人の新人ホストが共同で住み込みを行うので、あまり良い環境ではありません。
2LDKの部屋に10人ほどで生活なんて場合もあります。
売れるまでの辛抱ですが、新人ホストが高い家賃を払うには大変ですので、ありがたい待遇だと思います。
尚、共同生活ということで、掃除や炊事、洗濯など当番制だったりするところこほとんどですので、頑張りましょう。

また、毎日のヘアメイクも必要になります。
大抵の場合は自分でヘアセットしたり、メイクをすることになるかと思います。
もし何かイベントなどでしっかりヘアメイク必要な場合には、専門のお店でやってもらった方が、仕上がりは格段に違うと思います。
これは引っ越してきたばかり土地勘がない場合などは、お店に迷わず相談しましょう。
また、大手ホストクラブなどでは、自分のお店に専属にスタイリストがいたり、安い値段でヘアメイクをしてもらえるよう美容室と提携しているお店もあるので、こちらも面接の時にでも確認しておくと良いでしょう。